CSR

戻る

CSR(企業の社会的責任)

被災地支援

気仙椿ハンドクリームの開発

気仙椿ハンドクリームの開発<

東日本震災後、被災地産業支援として、一般社団法人re:terra代表・渡邉さやかさんが立ち上げたプロジェクトに賛同し、ハンドクリームの開発支援を行っております。震災後、地域の人々で集めた「気仙椿の種」から、気仙地域の自然と産業を礎とした事業を創出し、未来の子供たちに繋げるために発足したのが「気仙椿ドリームプロジェクト」。三陸沿岸の気仙地域周辺では、寒暖差ある土地柄の特性で、ここで育つ椿からは良質の油が採れていました。この気仙椿の油から純国産自然派化粧品を開発するために、女性医師の方々から意見やアイデアをいただき、ハリウッド化粧品の研究チームが企画開発をバックアップし、ひとつの商品が誕生しました。それが「気仙椿ハンドクリーム」です。その後、気仙椿ドリームプロダクツとして、リップクリームも製造いたしました。このプロダクツによる販売収益の一部は「気仙椿夢の種基金」に使われ、東日本で被害を受けた、気仙地方の椿の木を植樹する活動支援につながっています。

平和を願う活動支援

歌手ナターシャ・グジー非核と
平和交流イベント協力

歌手ナターシャ・グジー非核と平和交流イベント協力

チェルノブイリ事故の被曝経験があるウクライナ出身のナターシャ・グジーさんは、日本で活動している歌手です。核の悲劇を繰り返さないために、ご自身の歌を届けるとともに、平和交流を続けています。なかでも彼女が発起人である平和交流イベント「ピースオンウィング in TOKYO」では、その趣旨に賛同し、会場提供などの協力をさせていただきました。美と健康にも関心をお持ちのナターシャさんは、ハリウッド化粧品の酵素パックご愛用者でもあり、過去にモデルをつとめていただいたこともあります。

被爆ピアノコンサート協力

2005年から開催されている被爆ピアノコンサート「未来への伝言」を企画されている朗読家・飯島晶子さんは、様々なアーティストの皆さんと、音楽の感動を通じて非核平和を伝えていらっしゃいます。長年にわたる朗読コンサートの趣旨に賛同し、応援しております。

森林保全団体への協力

緑豊かな大地を願う

昔からオーガニックな商品を多く開発しているメーカーとして、緑が豊かで、自然あふれる地球の未来を願っています。創業当時のハリウッド化粧品本社も、大きな庭があり、創業者自ら植栽を大事に世話していました。現在の六本木ヒルズ本社のテラスガーデンにも、当時の植栽を植え直しており、季節を感じられるスペースになっています。2016年秋に発売されたナチュラルEX アニバーサリーキットでは、1箱の売上につき100円を森林保全団体more treesへ寄付させていただきました。

健康推進へのとりくみ

厚生労働省 がん対策推進 企業アクション
推進パートナーとして登録

厚生労働省 がん対策推進 企業アクション 推進パートナーとして登録厚生労働省 がん対策推進 企業アクション 推進パートナーとして登録

「働く人々のがん検診受診率向上」「がん患者の就労」「がんへの理解」など、企業・団体・自治体が “がん” と前向きに取り組む社会機運を醸成するとりくみに、推進パートナー企業として登録しています。ハリウッド化粧品はとくに女性社員の多い企業で、女性特有のがん検診については、検診率向上のために助成もおこなっています。


お近くにお店がない場合、
商品のお問い合わせ、ご購入はこちら

フリーダイヤル0120-430334 受付時間 : 9:30ー17:30(土・日・祝日を除く)

お客様相談室はこちら

ハリウッド店舗検索アプリ